木谷でともっち

最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝(fatty liver)という病気は、糖尿病などの多様な病の因子となる可能性があるのです。
内臓脂肪タイプの肥満が確認され、脂質過多、高血圧、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上該当する事例を、メタボリックシンドローム、略してメタボと言っています。
人の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に大別できますが、中耳の近くに様々なばい菌やウィルスなどがくっ付いて炎症が発生したり、体液が溜まる病気を中耳炎と言っています。
肥満の状態というのは勿論あくまで食生活の内容や運動不足が主因ですが、量の等しいごはんであったとしても、あっというまに食べ終わる「早食い」をすることによって脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなるようです。
薬剤師転職 新潟市
虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管内が狭まってしまって、血液の流れが止まり、必要な酸素や栄養を心筋に送ることができず、筋細胞そのものが機能しなくなってしまう恐ろしい病気です。
日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、1週間も処方薬を飲めば、一般的に8割~9割の人の自覚症状は去りますが、かといって食道の粘膜の傷みや炎症が完全に治ったことを意味しないので留意してください。
グラスファイバーでできたギプスは、大変丈夫で軽量なのに持ちが良く、雨などで濡れてもふやけないという特長があるので、現在用いられるギプスの中でも主流と言われています。
バランスの良い食生活や体を動かすことは無論、心身の健康や美を目的とし、サブに色々なサプリメントを服用する行為が常識になっているそうです。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が無くなった後に販売され、まったく同一の成分で経済的な自己負担が小さくて済む(薬の価格の廉価な)後発医薬品です。
流行性感冒、即ちインフルエンザに適している予防方法や医師による治療等の基本の措置は、季節性のインフルエンザでも未知なる新型インフルエンザでも一緒なのです。
日々の折り目正しい生活の継続、暴飲暴食を控えること、正しいスポーツなど、アナログとも思える身体に対する思いが老化防止にも役立つといえます。
高血圧(hypertension)の状態が長引くと、血管に強い負担となり、頭のてっぺんから足の爪先まで色々な場所の血管にトラブルが起こって、合併症を招いてしまう割合が拡大します。
ばい菌やウィルスなどの病気を引き起こす病原体(微生物)が呼吸とともに肺へ忍び入って発病し、左右いずれかの肺が炎症反応を見せている境遇を「肺炎」と称しているのです。
好気性桿菌のひとつである結核菌は、患者がゴホゴホと「せき」をすることによって外気の中に放り出され、空気中でふわふわ浮かんでいるのを他人が空気と一緒に吸い込むことによってどんどん感染します。
エイズウイルス(HIV)を保有する血液、精液をはじめ、唾液、母乳、腟分泌液などの様々な体液が、交渉相手や看病する人などの傷口や粘膜部分などに触れることにより、感染する危険性が高くなってくるのです。